solution_main_image

Notes自動移行サービス(Composer)

Notes移行サービス「Composer」とは

Lotus Notesは、グループウェアとして、あるいは、エンドユーザコンピューティングツールとして広く普及し、多くの企業で情報活用・共有基盤として活用されてきました。

しかしながら、Lotus Notes 6.X のサポート終了、高額のNotesアップグレード費用などの課題に加えて、Webを活用した新しい情報基盤の構築といったニーズに対応して、Lotus Notesから最新の環境へ移行を検討されるお客様が増えてきています。

このLotus Notesの移行においては、ワークフロー等のビジネスロジックを組み込んだアプリケーションの移行がコスト面・納期面で最大のネックとなります。

 

弊社の「Lotus Notes移行サービス」は、米国ユニファイ社が開発した移行ツール「Composer for Lotus Notes」を活用し、複雑なビジネスロジックを持つアプリケーションの移行をスムーズに、低コストで行うことができます。

移行ツール「Composer for Lotus Notes」ってなに?

Notesの移行サービスを提供しているベンダーは他にもありますが、弊社のサービスの最大の特長は、ビジネスロジックまで含めて既存アプリケーション資産を移行することができる業界で唯一のツールである「Composer for Lotus Notes」にあります。

「Composer for Lotus Notes」は、ドキュメントデータ、ユーザインターフェイス画面、ビジネスロジック、セキュリティ設定データを一括して保有するNotesデータベースを読み込んで、それら全ての内容をマイクロソフトの.Net環境に変換することができるソフトウェア製品です。

複雑なアプリケーション移行におけるComposerと従来手法の比較

Lotus Notesを積極的に活用している企業においては、Notesを単にグループウェアとして活用するにとどまらず、Notes専用のプログラミング言語を活用してワークフローやビジネスロジックを組み込んだ業務アプリケーションを開発しています。

そのようなビジネスロジックを多く持つ複雑なアプリケーションの移行に関しては、他の移行ツールとの比較に見られるように、従来は、ビジネスロジックまでを含めて既存資産を活用した移行を行うことができませんでした。

そのため、必然的に新しいプラットフォーム上で移行対象のアプリケーションを一から再開発(書き換え)をする以外の方法はありませんでした。

しかしながら、Composerツールを利用する弊社の移行サービスは、既存のアプリケーション資産を活かして移行をするために低コスト、短納期、低リスクの移行をおこなうことができるようになりました。

Composerを活用したアプリケーション移行 従来手法 = 再開発・書き換え



  • 既存資産を活用した移行なので、低コスト・短納期の移行が可能
  • 既存システムのUIを継承して移行するので、ユーザ業務に影響なくシームレスな移行が可能
  • 一旦、既存システムを移行し、順次機能強化を行うことで、リスクの低減と投資の分散が図れる
  • 既存システムに早急な対応が必要な問題が存在する場合に、その問題を含めた機能の刷新が移行と同時に可能




  • 既存システム資産の移行なので、既存システムの機能強化・改善要望への対応が後回しになる。
    逆に言うと、現状のシステムに不満のない場合は、こちらが最適。
  • 一からの開発なので時間とコストがかかる
  • 既存システムの要件を洗い出せるか不明
  • 既存システムの内容が不明確のままでの再開発になり、移行後の安定稼動に対するリスクが高い
  • 既存システムとUI・操作手順が変わることで、一時的に利用者の業務効率が低下。また、移行時に新システムの操作教育にコストがかかる。

他の移行ツールとの比較

これまでは、Notesアプリケーションを対象にした移行ツールとして使用されているものには、Sharepoint Converter for Lotus Notes がありますが、これは、簡単なアプリケーションをSharepoint Serverに移行するためのもので、ビジネスロジックを含む業務アプリケーションの移行には適していません。Composer for Lotus Notesがユーザインターフェイス、ビジネスロジックを含めて移行ができる唯一のツールといえます。

Composer for Lotus Notes Sharepoint
Converter
データ
(フィールド・リッチテキスト・添付ファイル等)
ユーザーインターフェイス
(フォーム・サブフォーム・ビュー)
×
ビジネスロジック
(Lotus Script、@関数)
×
セキュリティ (DB/文書単位のセキュリティ)
(フィールド、ビューのセキュリティ) ×

サービスの特徴を見る

お問合せはこちら!